×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×アダルト商品の出品は?

私はebayにはあまり詳しくないんですが、ebayのアダルト商品の出品についてはいろいろ制約が多くて大変だという話を聞きます。

Amazonではどうなのかな?と思いAmazon.comに直接尋ねてみました。

質問の仕方としては、日本のAmazonで18禁になっている商品のURLを示して「Can I sell this item?」と聞いてみたわけです。

以下その返事です。

原文----------------------
Greetings,

Thank you for contacting Amazon seller support.

I have gone through your email and learn that your concern is regarding selling the adult product on our website.

I have viewed the link provided by you in your email and since it is an adult product/images you need to list it under health and personal care category. Your product may not surface in a general product search if it has been flagged as an adult item but can be listed only under health and personal care category on our website.

You may also view information on the help page before listing the product on our website which will give you a better insight:

https://sellercentral.amazon.com/gp/help/help-page.html/ref=ag_200339940_cont_scsearch?ie=UTF8&itemID=200339940

I wish there were more that I could do for you with this, but please know that I do thank you for being part of the Amazon.com online community. We look forward to your continued patronage while we try developing our platform and policies to meet your expectations.

If you have additional questions about your case, 87968741, please click http://sellercentral.amazon.com/gp/case-dashboard/view-case.html/ref=sc_cd_lobby_vc?caseID=87968741.
If you have questions about a different issue, please review our Seller Help: http://sellercentral.amazon.com/gp/contact-us/contact-amazon.html.

Please give us feedback to help Amazon improve your selling experience.

Did we successfully answer your question?

----------------------------------------------

ざっくり翻訳-----------------------------
ようこそ
Amazonサポートへの問い合わせありがとう。
我々は貴方がアダルト製品の出品を心配している事がわかりました。

貴方が示したURLはアダルト製品です。
貴方はそれを「health and personal care」カテゴリに出品する必要があります。
この類の商品はこのカテゴリにのみ出品が可能で、一般的な検索によって抽出されないことがあります。

また以下のヘルプページで情報を得ることができます。
(ヘルプアドレス)
あとは省略
---------------------------------------------------------------

「ヘルス&パーソナルケア」のカテゴリに出品すればいいんだ!と思ってしまいそうですがこのカテゴリは公式販売権が必要なカテゴリです。
つまりメーカーとの代理店契約書などをAmazonに提出しないと販売が認められないカテゴリなんですね。

「なら代理店になってやろう!」という猛者がおられたらこのメールに返信ないしは下の「ご意見ご感想はこちらまで」のアドレスまでメールを下さい。
大した事はお伝え出来ませんが手がかりくらいなら。

というわけでAmazonでもアダルト製品の出品はなかなか手ごわいなというのがわかるお話でした。

明日は残念な話じゃなくて前向きな話を書きますね。
スポンサーサイト

×法人も良し悪し

以前から普及していた売上金の受取方法として、ユニオンバンクの個人アカウントを取るというのがありました。

日本にいながらアメリカの口座が作れるサービスとして大変便利なものなのですが玉にキズがあくまで個人用アカウントであるということ。

ユニオンバンクのサポートに「個人口座で売上金を受け取ってはいけないのか?」と聞いてみたところ、難解な日本語で「オショーバイニハオツカイデキナイコトニナッテマス」という返事でした。

最近急速に普及してきたPayoneerも個人の口座開設しかできないらしいです。
これも売上金額が上がってきたら目をつけられるリスクがありますね。


これを解決するために一番良いのが、アメリカ法人を作るということでした。

法人設立自体は代行業者さんがやってくれるのですが、銀行口座は本人が渡米する必要があります。

私はこの通りに法人設立→口座開設をやったのですがこれが通じたのは去年までです。

今年の一月からは全米の銀行で規則強化がなされ、米国内に事務所がないと口座開設は厳しくなっています。

代行業者さんの話ですと、変更の背景はオバマ政権が米国外へ資金流出を厳しく監視し課税を逃れている数百億ドルを回収するためだそうです。

そういうわけで既に口座開設している私の所にもハワイの銀行から電話が来ました。

「あまり頻繁な日本への送金は怪しまれるおそれがあるから月に一度程度にしてほしい」という内容でした。

自分の会社のお金だというのに自由にできないというのは不便ですね。

安全な方法=米国法人設立、という去年までの常識は現在通用しません。

何かリスクのないやり方が他にないか、模索している所です。

×発送と関税

みなさんは売れた商品の発送をどうやって発送していますか?
私は
・ヨーロッパへはEMS
・アメリカへはFedEx
を使ってます。
ヨーロッパへの発送は税金の問題が大きいんですよね。
ヨーロッパへ荷物を送った時にかかる関税は今私が把握している所では
・関税(輸入税)
・付加価値税(VAT)(フランスではTVAと言うようです)
の二つです。
そしてアマゾンヨーロッパの規約ではこの税金は購入価格に含めて表示しないといけないのです。
つまりebayで送っているように「関税は購入者さん払い」というのがアマゾンヨーロッパではできないんですね。
これ、ヨーロッパで売る人は注意しておいて下さいね。

できれば全てをFedExで送りたいんです。
だって関税の発送人払いが可能だし扱いは丁寧だし、商品の到着もすごく速いですから。
しかし手数料が高いんですよね・・・・・
関税の発送人払いを選択すると、輸入税とVATの他にFedExさんへ特別手数料というものを払います。
これは安い商品では基本的に10.5ユーロないしは10.5ポンド。
高いでしょ?
10.5ポンドって1500円超えてます。

そんな事も考えて私はヨーロッパへの発送は、送料に国ごとのVATを加味した金額を含めて表示させて、発送後に19%前後の税金を返金してます。
「返金したお金でVATを払って下さいね」と購入者さんにはメールするわけです。
この方法は試し始めたばかりなので続報はまたシェアさせていただきますね。

×メールマガジン発行しました。

Amazon輸出に関するメールマガジンを発行しました。

有益な情報をバンバン配信しますのでぜひ登録して下さいね。


Amazon輸出ノウハウ-世界のアマゾンで活躍しましょう-

http://www.neo-t5.com/~user2026/neo/usrctrl.php?upd=1&mag_id=1

×自己紹介

はじめまして、せとさんと申します。

Amazon輸出を初めて半年で(2013年2月時点)直近の月収は四十万円です。
ネットビジネスをやろうと決意はしたものの、輸入を試して失敗しました。
商品を仕入れても利益が出るものと赤字になるものが半々くらいで(笑
商品リサーチ力がなかったんでしょうね、二ヶ月で撤退しました。

「輸入がダメなら輸出はどうだ?」と思って色々検索してたどり着いたのがAmazon輸出なんですが、英語の煩わしささえ気にしなければ自分にはとても合っていました。
でも情報が少ないのには困りましたね。

情報が少ない=ライバルが少ないというのはメリットだったんですが、一つの事を進める
のに色々調べて3日も4日もかかるというのが日常でした。
これからAmazon輸出を始められる方に、このブログで私が苦労して調べた事を一つ一つ紹介していきます。

■なぜAmazon輸出ノウハウを公開したいと思ったか?

この半年間はずっと、一人で調べて出品して受注して梱包して、の繰り返しで正直孤独でした。
このブログで孤独な私に仲間が増えて、有益な情報も配信できたらとても嬉しい。

でも本音の所では、多くの方々から「ノウハウは出せばそれ以上のものが帰ってくるものだ」という考えを学んだことが大きいです。
人がたくさん集まってくれて、お互いノウハウを共有できるWin-Winの関係がたくさんできればいいなと思ってます。

×Google Chromeと検索ツール「Takewari」

Amazon輸出に一番適したブラウザは、Google Chromeです。
ワンクリックで各種言語に翻訳が可能ですし、便利なプラグインもとても多いです。
まだGoogle Chromeを使われてないかたはすぐにインストールして下さい。
http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/

さてGoogle Chromeをインストールしたら次にやるのは、プラグイン「Takewari」のインストールです。
Google Chrome専用のプラグインで、残念ながらタブレットなどでは使えませんが、輸出に関する機能は大変優れています。

日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインのAmazonサイトの商品価格がひと目でわかる、と言ったら便利さをわかってもらえるかな?
とにかくまずインストールです。
http://www.takewari.com/

インストールできたら何か日本のAmazonの商品サイトを開いてみて下さい。
URL(インターネットアドレス)の右端に緑色の竹のマークが表示されてるでしょ?

そこをクリックして、世界Amazonに旅行してる気分を楽しんで下さい。
世界のAmazonは広いですよー。
貴方が自由に泳げるようになるのを祈っています。
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。