×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×英語の定型文

ebayほどではありませんがAmazon.comでの販売も結構な頻度で顧客とのやり取りが発生します。

値段の交渉だったり荷物が遅れてる催促だったり壊れて届いたぞという苦情だったりで個人的にはあまり良い記憶がありません。

しかし購入者とのやり取りを楽しむという心の余裕は欲しいところです。

またそういう気持ちでいれたら悪い評価を付けられることも減るでしょう。

今日はポジティブな感じを与えるアメリカ人向けの定型文をご紹介します。

定型文というと日本では「拝啓、早春の候時下益々ご清栄・・・」とか想像しちゃって「季節を現す言葉が必要だろうか」とか悩むんですが大丈夫です!

アメリカ人の季節感って日本人に比べると鈍いですから。(笑

ですので通常の時期だと、世界時計などで先方の時刻を確認して「Good morning」「Good evening」とかで良いです。

「I hope you are fine」とか入れるともっと好感が持てます。


そして週末には「Have a nice weekend!」と末尾に入れると良いですね。


日本の手紙文と比べると単純なもんです。



しかし年の後半になるとアメリカ人は目の色が変わってきます。

11月のアメリカ人の頭の中には感謝祭しかありません。
(オーバーに言ってます)

感謝祭しかありません、というのは冗談ですが、ほぼ全てのアメリカ人の頭の中には 「11月4週目」という感謝祭の日付はインプットされています。

ですので10月の後半になってくるとメールの末尾に「Happy Thanksgiving!」を入れると良いでしょう。

そして感謝祭が終わったら「Merry Christmas!」「Happy Christmas!」に切り替えます。

クリスマスが終わったら「Happy New Year!」ですね。

この決まり文句を入れるだけで、かなり印象が変わるでしょう。

試してみてくださいね。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://amazoncons.blog.fc2.com/tb.php/10-fddca35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。