×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Amazon.comの関税の扱い

以前「Amazonヨーロッパでは、商品にかかる税金の額を販売価格と合わせて表示しないといけない」という記事を書きました。

日本でも同じ内容の規約を見つけていたので、「アメリカはどうなのかな?」と思いサポートに質問してみました。

以下ざっくり翻訳

私「Amazon.comで関税についての記載はどこにあるのか?」

サポート「該当の記載はない。貴方が発送するキャリヤによって税金の額は変わるだろうから」

私「購入者に関税を支払わせるのは違反か?税金と商品代を合わせて表示しないのは違反か?」

サポート「違反ではない。しかし貴方は商品コメントにそれを記載すべきだろう。」

ということで、Amazon.comとAmazonヨーロッパでは売り方が全然違うものになりそうですね。


以前の記事をもう一度おさらいしますと

「100ユーロの商品を付加価値税率17.5%のイギリスで売る場合、送料が20ユーロかかるとしたら、商品代100ユーロ、送料37.5ユーロという形で表示しなければならない」ということでした。

しかしAmazon.comだと100ユーロの送料20ユーロだけで良いわけです。

これだとヨーロッパへ売るにもAmazonヨーロッパよりもAmazon.comで売った方がセラーにとっては良いですね。

Amazonヨーロッパで売る時は総額137.5ユーロの表示が求められるけれどもAmazon.comでは120ユーロで良いわけです。

(実際にはAmazon.comにユーロ表示はありません)

私は今までAmazon.comの発送エリアを「アメリカ・アラスカ・ハワイ」だけにしてたんですが、ヨーロッパへも配送しようかな、と思いました。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://amazoncons.blog.fc2.com/tb.php/11-1d958ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。