×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×ヨーロッパAmazonとのやりとり1

フランスAmazonの購入者がクレームを言ってきました。

「私はEMSの到着時に別料金を請求された。受取を拒否したので全額返金してくれ。」

すでに私はVAT(付加価値税)を購入者に払い戻していました。

しかし購入者からのメールを読むと、VATの金額の二倍以上が請求されているようです。

「わかった私は差額を払い戻そう。しかし私は内訳を知りたい。VAT以外の金額は何ですか?手数料ですか?輸入税ですか?それとも他の税金ですか?」

しかしどうやら怒り心頭らしい購入者は「私は受取を拒否したのでそんなことはわからない。早く全額返金してくれ。」と返して来ました。

これを機会にフランスの税金を知ることができると思ったのですが購入者さんがそんなことでは話せないので「わかった全額返金しましょう」と手続きをしました。

やれやれと思っているとフランスAmazonから警告メールが!!!!

おそらく購入者が、私のメールを読む前にAmazonに訴えたのでしょうね。


メールには「貴方はAmazonフランスのポリシーに違反している。」とあります。

セラーアカウントを見ると停止こそされていないものの「good」だったアカウントヘルスが「fair」に変わっていました。

そこで私はAmazonフランスのサポートに問い合わせてみました。

「私は警告メールを貰う前に全額返金に同意していた。警告は厳しすぎる」

すると返ってきたのが(つづく)
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://amazoncons.blog.fc2.com/tb.php/15-d1a8ea2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。