×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×ヨーロッパAmazonとのやりとり2

「警告は厳しすぎる」とAmazonヨーロッパのサポートに抗議したらすぐに返事が来ました。

Amazon「厳しすぎる事はない。我々のポリシーは明確かつ公平だ」

私「貴方からの警告が来る前に私は購入者とやり取りをして全額返金に同意している。やはり厳しすぎる」

Amazon「貴方は商品代の中に全ての税金や手数料を含めなければいけない。貴方は私たちのポリシーに違反している」

私「私は商品代をVAT込の価格にしている。しかし輸入税は税関を通過してみないとわからないではないか」

Amazon「我々は貴方の税の問題についての相談に応じることはできない。貴方の税理士など専門家に相談して下さい。」

私「わかったなら教えてくれ。
フランスのVATは19.6%だ。
私は100ユーロの商品を送料10ドルで売ったとする。
私は19.6ユーロを送料に含めて商品代100ユーロ、送料29.6ユーロで売っている。
これは違反なのか?」

Amazon「我々のポリシーは購入者に追加の料金を支払わせることを許可していません。貴方はポリシーに違反しています。」

私「わかった、なら課税率がわからない輸入税を送料に含めることにしよう。
さっきの仮定に私は追加の要素を入れる。
商品代:100ユーロ
総合の送料:44.6ユーロ
(送料の内訳)
日本郵便に私が払う送料:10ユーロ
フランスのVAT:19.6ユーロ
予想した輸入税:15ユーロ

これを三人の購入者に売ったとする。
私は発送後に三人にそれぞれ34.6ユーロを返金しているものとする。
34.6ユーロは予想される全ての税額だ。

購入者A:30ユーロの輸入税を請求された。
購入者B:15ユーロの輸入税を請求された。
購入者C:輸入税は請求されなかった。

これに対して私は購入者Aに追加で15ユーロを返金した。
これは違反か?」

Amazon「我々は送料に細かい内訳を作ることを許可していない。商品代100ユーロ、送料10ユーロだけにしてください。」

私「それはおかしい。
それでは税額が商品代金に上乗せされてしまう。
それでは税額が上がってしまうではないか。
それに貴方の規約の中には『VATは送料に上乗せすること』と記載されているではないか!」

ここでちょっとAmazon側の返事に間が空きました。
勝ったかな?

(つづく)
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://amazoncons.blog.fc2.com/tb.php/16-17bb1982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。