×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×発送についての私見

私は基本的に段ボール箱をそのまま使っての発送はしてません。

補助的にプチプチロールを使いながら、ダンボールの板を使って商品をくるむやり方をメインでやっています。

この方法だと重量もある程度削減できるのですが一番効果が高いのはFedExで送る時の容積重量ですね。

箱で送る時に比べると容積重量が1/3くらいになったりします。



しかしこの方法は手間がかかるんですよね。

仕入れの時に使っていたダンボールをそのまま転送できると一番いいのですが、品物によって100グラムくらいの小さな商品に馬鹿でかい800グラムのダンボールで送られてくる、とか普通にあります。

そんなわけで最近は少し手を抜いています。

どういうことかと言うと、商品自体にある程度の硬さがあるものについては、プチプチロールを三重四重に巻きつけて、そしてキャリヤから支給される袋に入れて発送するんです。

また、Tシャツやぬいぐるみなども基本的にはプチプチロールと袋で梱包して、箱には入れません。

形態が複雑なぬいぐるみなどは箱に入れたりもしますけどね。



ここでちょっと私見なんですが。

もしかしてダンボール箱で送るよりも袋で送るほうが有利なのじゃないか?

根拠は宛先不明で戻ってくる荷物の傷み具合です。

段ボールで送ったものはそれはもう、見る陰もないくらいぐちゃぐちゃに潰れて返ってくる事が多いです。

あまりにひどい場合はもちろんキャリヤに文句を言うのですが、袋で送った場合に比べて箱で送った時の方が商品が傷んでいる事が多いです。

戻ってくる商品自体それほど数が多くないのでサンプル数は足りないのですがこんなことを思いました。

「箱で送ると飛行機やトラックの中で、上にどんどん荷物を積み重ねられてしまうのではないか?袋で送った場合は不安定なので、雑多な荷物を積み重ねたそのてっぺんにしか置けないから傷みが少ないのではないか?」

こんなことを思っています。


色んな要素を考える必要があります。

日本に戻ってくる品物は当然ですが顧客に届く場合と比べて二倍の距離を旅しています。

そのぶん損傷も二倍になります。

また、袋は「シワ」という形でしか見えないけどダンボールは箱の凹みとして見えるので傷みが目立つだけかもしれません。

また、海外のおおざっぱなお客さんは、箱にせよ袋にせよ、多少の傷みは気にしないで使って下すっているのかもしれません。

しかし結果として、手を抜き始めてからかなりの荷物を送っているのですが、荷物が損傷していたというクレームは一件もありません。

これは興味を持って観察していくべきだなと思っています。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://amazoncons.blog.fc2.com/tb.php/33-a7b5bae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。