×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×七地域以上の個別送料設定

以前送料の個別設定方法についてご案内しました。(3/1の記事)

しかしここで出てくる送料の上書きファイルには六個しか個別設定が載っていません。

いきおい六地域しか発送できなくなるわけで、お急ぎ便の送料まで設定したらアメリカ+アルファで少しくらいしか発送出来ません。

あとはAmazonのデフォルトの送料設定になるんですが、これだと不正確な送料しか出ないので困りますね。

「七個以上設定したい。方法はないのか?」とサポートに聞いてみました。

すぐ返事が来ました。

以下内容をざっくり翻訳します。

「貴方は同じSKUにつき二行を使う事で七個以上の送料設定ができる。

以下に私は例を見せよう。

送料上書きファイルのA3セル、A4セルに同一のSKUを登録してください。

そしてC4からF4までのセルに七個目の送料設定を入力してください。」

こういうことで全ての地域について通常便とお急ぎ便の送料設定ができました。


困ったのは「アジア」「アメリカ以外のその他の地域」のお急ぎ便の設定ですね。

というのは、私はお急ぎ便にFedExを利用しているんですが、例えばアジアだと国ごとにすごく送料が違うんですね。

シンガポールや香港だとすごく安いのにインドやベトナムはすごく高い、みたいな感じで。

赤字は嫌なので高い地域に合わせてお急ぎ便の設定をするんですが、このような地域のお急ぎ便はほとんど注文が入りません(笑

×出品大失敗4

さて入ってしまった大量の誤注文に「どうか購入者キャンセルをしてくれないか」と頼む作戦の続きです。

二十件のうち無条件でキャンセルに応じてくれたのは5人ほど。

残りの十五人に「オマケ送るから許してくれ」とお願いして応じてくれたのはたったひとり。

残りはセラーによるキャンセルしかありません。

しかし十四人も一気にキャンセルしたらどうなるのか?

発送前キャンセルが増えてアカウント凍結になったAmazonイギリスの記憶がぞわっと湧いて来ました。

そこでセラーサポートに尋ねてみることにしました。

「これこれこんなわけでセラーキャンセルをしなければならない。私のアカウントは停止になるか?」

すると

「私達販売者サポートチームはアカウントヘルスの問題に関わる権限を与えられていない。

貴方の質問はパフォーマンスチームが答えてくれるでしょう。メールアドレスはseller-performance@amazon.comです。」

と返ってきました。

それではと、パフォーマンスチームにメールをした所、

「アカウントヘルスが悪化するのは仕方がない。しかし我々は貴方の努力は認める。貴方のアカウントヘルスは現在悪化しているようだが我々はこれに注釈を付けた。」

と返ってきました。

「注釈はわかった。しかし私はこれからもっと多くのキャンセルをしないといけない。私のアカウントは停止になるか?」

と再度念押しの質問をしたところ

「我々は貴方のアカウントヘルスに既に注釈を付けている。このことを覚えておいて下さい。」

遠回しな言い方ですがこの回答でアカ停止はないなと判断して、大量のセラーキャンセルに踏み切りました。

ずっと緑色だったアカウントヘルスが一気に真っ赤になってしまいましたがまあ仕方ないです。

悪化した分、ショッピングカートの取得率が低下し、それに応じて売上もかなり減りました。

長い目で見ると、二十万三十万の赤字を覚悟して、アカウントヘルスが良好な状態を保っていた方がよかったのかもしれないですね。

この大失敗から一ヶ月経ちますがいまだにアカウントヘルスは黄色から抜けだせません。

×出品大失敗3

さて30件あまり入った誤注文のうち、10件は赤字のまま発送することにしました。

残りの20件は「どうか購入者の方でキャンセルしてほしい」と依頼のメールを出しまくりましたが、同意してくれたのは4、5人だけでした。

残りの15人をどうするか?

いろいろ考えた結果「オマケ作戦」を発動することにしました。

「私は貴方の注文をキャンセルしてほしい。しかしタダとは言わない。オマケを送るからキャンセルしてほしい」と取引を頼んだのです。

オマケの種類は例えばおもちゃ類ならガンダムやトランスフォーマーのガシャポン商品のような300円~500円のものを用意しました。

しかしこれも思うようにはいかなかったですね。

「わかったそのオマケで同意しよう」と言ってくれたのは一人だけ。

こちらのメールにも何の返信もくれない人がほとんどでした。

極端な例としては

「私はそんなギフトは不要だ。オマエは私が注文した通りのものを送れ」

というメールを返してきた購入者さんがいました。

「貴方が同意してくれなければ、私はセラーの権限でキャンセルするしかない。どうか同意してほしい」

と言っても全く聞く耳持ってはもらえません。

どうにも仕方ないのでセラーキャンセルしたものの、その購入者さんはそれからAmazonに訴えたようです。

「最高に腹が立つ!とても我慢はできない!」というクレーム詳細のメールがAmazon経由で送られてきました。

ギフトで許してもらおうという作戦が裏目に出て、却って激高させてしまったようです。

しかしそうは言っても購入者がリスク覚悟でキャンセルできる事はAmazonの仕組みなので仕方ないんです。


この購入者さんに限っては哀願などせずにさっさと購入者キャンセルをした方がよかったのでしょうね、結果論ですが。

×出品大失敗2

さて通常の半分とか1/3とか1/10とかの価格で出品してしまった途端にものすごい勢いで注文が入りました。

慌ててアカウントをインアクティブにしたものの、合計で三十件くらいミス出品による注文が入ってしまいました。

いろんな注文がありましたが、最悪レベルは仕入れ値が二十万くらいする予定のものを五千円で出品してしまってたり(汗

そこまで行かなくても数万円レベルのものを数千円で出品してしまったりが多かったです。

どうすべきか悩みましたが、とりあえず

1.損害が大したことのないものはそのままにする

2.損害が大きなものは購入者に頼んでキャンセルリクエストを出してもらう

という二本立てで行くことにしました。

早速キャンセルして欲しい注文について、購入者にメールを出しまくりました。

「今回は注文ありがとう。しかし私は価格を間違えていた。ごめんなさい。どうか注文をっキャンセルして欲しい」

こんなメールを約二十通出しました。

いろんな反応が帰って来ましたよ。


「これは契約だ、貴方は送らなければならない」

まあ、普通と言えば普通の反応です。



「貴方が勝手にキャンセルすれば良いでしょう?購入者に頼むのは間違っている」

これも普通の反応です。


「これは詐欺だ。私はAmazonに訴える」

これはちょっと異常かも・・・・・


でも違う人もいましたよー。

「わかった、すぐにキャンセルしよう」という方もいました。

この方良い人でしてね「私は貴方のキャンセルで救われた!ありがとう!今回はほんとにごめんなさい!」と返事をしたら

「気にすることはない。ミスは誰にもあるのだから」


冷たい反応ばかりの中でこんな返事もらうと涙が出るようでした。

つづく

×出品大失敗1

私は新規出品をテキストファイルのアップロードで行っています。

出品の前にファイルをエクセルで開いて、どうのこうの色々加工してからアップするんですが先日式を一部間違えてアップしてしまいましてね。

どうなったかというと、仕入れ値が五万円くらいするような商品が五千円くらいの設定にしたものがドドドッと出てしまったのです。

思い出すと冷や汗が出ますね。

10分で三十件とか注文が入りましたよ。

パートナーが気づいてくれたからよかったようなものの、私だけだったら気づかずに何百件の大変な額の注文が入っていたことでしょう。

そういう注文を全部キャンセルしたら出荷前キャンセルがあまりに多くてアカウント停止になったでしょうし。

そういう注文を全部発送したら仕入れが売上の十倍くらいになって破産してたでしょう。

ああ今思い出しても脂汗が 笑

そんな失敗談はみなさん喜んで読んでくれるかな~と思って続きをまた書きます。

続きも読んでくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。